自費治療のメリットデメリット

福岡県吉塚の歯医者で治療をする場合はほとんどが健康保険適用となるので、治療費は自分が加入している保険の負担分だけで済みます。

1割負担の場合もあれば、3割負担の場合もありますが、全額自己負担に比べるとかなり治療費が安くなるので助かります。

吉塚の歯医者でもほとんどは健康保険内での診療や治療ができますが、保険治療にも限界があります。

人によっては全て健康保険内の治療で賄える事もありますが、そうではない場合には自費治療を勧められる事もあります。

確かに自費治療は保険が使えないので治療費は全額自己負担となり、治療費が高額になります。

気軽に払える額とは言えないくらい高額になる事もありますが、材料などは高品質のものを使いますので、耐久性や適合性を考えると、自費治療の方が良い場合もあります。

ここは院長の治療方針によって違いもありますが、健康保険内では治療ができないケースもあるので、こういう場合は自費治療を勧める事になります。

もしも同じ内容の治療を保険でできるのに、わざわざ自費治療を勧める場合は必ずしも儲け主義ではなく、そのほうが持ちや適合性がいいからという理由もあります。

一般的な虫歯治療は健康保険で済ませ、被せる金属のみ自費治療を選ぶという事もできます。

前歯の場合も保険で白い歯を被せる事もできますが、色選びに限界があります。

自分の歯の色に合わせて自然に仕上げるには、やはり自費治療の白い歯の方が綺麗に仕上がります。