歯医者さんをサポートする衛生士と歯科助手の違い

福岡県吉塚の歯医者に行くと白衣を着たスタッフがいますが、受付や治療の際歯科医のサポートをしているのは歯科助手です。

同じような白衣を着ている人には衛生士もいますが、誰が衛生士で誰が歯科助手なのかわからない場合もあります。

歯科医院や歯科クリニックによっては、衛生士と歯科助手の制服の色を変えたり、名札やバッジにわかりやすく書いたりしていることもあります。

どちらも歯医者で働くスタッフですが、歯科衛生士と歯科助手では仕事内容も変わってきます。

歯科衛生士になるには国家資格が必要なので、学校に通い国家試験を受け合格して初めて歯科衛生士の資格がもらえます。

資格取得者でも歯科医と同じ事ができわけではありませんが、患者さんの歯石を専用の道具や機械を使って除去する仕事もできます。

歯科助手は資格なしでもなれますし、全くの未経験者でも先輩歯科助手の指導や動きを診て覚えることができます。

長く働いているといろいろなこともわかってきますので、歯石除去やブラッシング指導なども任されるようになりますが、これは本来歯科衛生士の仕事です。

歯科衛生士は資格を持っているため、歯科助手に比べて給料はいい方です。

人件費の問題や、経験を積めば歯科助手でも衛生士並みの仕事がこなせるようになるので、敢えて歯科助手だけを雇う歯医者もあります。

しかし歯科助手に衛生士の仕事をさせるのは違法になりますので、吉塚で歯医者を探す時は、衛生士のいる歯医者を探してみるのもいいと思います。